読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10ks!~充電期間

じゅんのが脱退発表して、充電期間発表してからは4人を最後まで見続けた。
ベスアの後のファンのケアをしたのは、いち早くファミクラに現れた亀梨和也だろう。
発表後2日くらいで、たまたま現れたとは思えない。SNSで広まるって分かってた確信犯な気がした。
でもホントに亀が解散っていう不安を一番に取り除いてくれた。この人には頭があがらないと思った。ホントにありがとう。


【4/1 新生KAT-TUN

あっという間にこの日だった。
3/31で田口淳之介KAT-TUNを後に旅立ってしまった。
3/31も何事もなく終わり、4/1は普通に訪れた。
実感が全然ないけど、すぐにじゅんのがSNSに現れてあぁ一般人になっちゃったんだ。って思った。
でもじゅんのが辞めたことに悲しんでる暇なんてなくて、3人のKAT-TUNを1ヶ月しか見れないってこと。
短いツアーが始まる。
名古屋→大阪→東京
5/1の倍率は高くて追加がでて、3Daysになる。
最初名古屋は、空席多かったと思う。
譲りチケットが多く見られた。
昔とは違い最近のハイフンは他のグループ担当の人に1度でいいからKAT-TUNライブを体験して欲しい!って思いがあり、Twitterでもみんながたくさん宣伝してた。
彼等がテレビに出て宣伝しなくても、ハイフンはKAT-TUNを常に宣伝してた。素敵な絆♡

そのおかげか充電期間前の大事なコンサートだから…って思ってた他担さん達が行きやすくなったと思う。無事名古屋も埋まる。

そして初日に参戦した人達のレポを見て皆がKAT-TUNに会いたくなる。
譲りをこんなに見かけなかったのは初めてかもしれない。

私自身大阪、名古屋は行けてないのだが東京ドームまでの日を心待ちにしながらレポを見たりして気分をあげてた。

4/28の夜会で3人が一緒にでる番組は最後だった。
そしてついに来た。
嬉しいけど悲しい3Days。
始まってしまったら終わるのなんてあっという間。

10Th ANNIVERSARY LIVE TOUR"10Ks!"
in東京ドーム

4/29(金)
風は強かったがKAT-TUNにしては珍しい晴れ。
4/30(土)
前日ほどではないが風がある。この日も晴れ。
5/1(日)
晴れ。
3日間とも暖かった。

グッズの出来はいつも満点。
持っても恥ずかしくない、ダサイと言われたくないKAT-TUNのファンの気持ちを考えたグッズ。

私はこの日が10Ks!初参戦だったので、いつもの事ながらOP映像に興奮してトリハダがたった。年数が現在に近づいてくるドキドキ感!KAT-TUNだ!KAT-TUNに会える!と高ぶる気持ちに幕が落ちGOLDが流れて会いたかったKAT-TUNが登場した。
叫ばずにはいられない。もともと声をださないと命はないと脅されて喜んでいたドM集団の一員なので。w
1年ぶりのKAT-TUNと久々の出航。
新しい3人のKAT-TUNと初めての出航。
一年前は求婚(9魂)で婚約指輪(ライト)を渡されたハイフン。
今回は一緒に戦う為の拳銃をもたされたハイフン。
そう、彼等と一緒に戦わないとKAT-TUNは戻れない。充電期間の期間は決まってない。
みんなで戦って3人に早くKAT-TUNという素敵な場所を戻さなきゃいけない。

いつもより少なめだけど、たくさんの特攻。
東京ドームから追加された水柱。
KAT-TUNをカッコよく見せてくれる炎。
ドーム全体をKAT-TUNの空間にしてくれる無数のレーザー。

特攻、水、炎、光
これの使い方が上手いKAT-TUN
KAT-TUNに合わせて動いてるかのように見える。

1日目は、所々でじゅんののこと思い出して泣いたり、なんでいないんだよバカ!って思ってた。
ガシガシ踊る曲とか、春夏秋冬のじゅんののパートだったとこをゆっちが歌い忘れたりと、ちらちらと田口淳之介が私の中に現れた。
間違える亀梨君は最高に可愛かった♡

最後の挨拶は、上田らしい素直な言葉。ゆっちらしい淡々とした挨拶。あれ?亀?ってなる。言葉がつまっちゃうことが多くて、亀にしては珍しい、まとまりのない挨拶。言えることも限られてるだろうし、ホントは言ってしまいたいことがあるんだろうなって。どーやって言えばいいのか困惑してる感じで、何考えてるかまったくわからなかった。

2日目。
JUMP担の、お友達をKAT-TUNの船に乗せました♡
やっぱりOPでテンションあがる♡
変更点は上田のバイクのコースが少しのびてた。
私もそれは思ってたので改善されてよかった♡
1日目とは逆サイドだったので、バランスよくみれた♡
不思議と2日目はじゅんのの姿がちらつかなかった。
1日目から気になってたけど、亀はユメユメの時からずっと上を見上げるんだよね。
その行動にどんなメッセージがあるかわからないけど、私なりにいろいろ考えてた。

最後の挨拶は1日目とだいたい一緒だったけど、上田の夜会でファンの涙を見て笑っててほしいという言葉に胸が締め付けられて泣きました。亀は言葉をまとめてきてた。亀梨さんなりの改善点だったのかもしれない。

3日目。
ついにこの日が来てしまった。
コンサートで彼等に会えるのにワクワクしてるのに、やだなぁって気持ちだった。
モヤモヤした気持のまま会場に入った。
御縁があってメインステージに近い席だった。
こんなに近くでオーラスを見たら死んじゃうんじゃないかと思った。
結構死にました。
たくさん泣きました。
まず、WHITEでリフターに乗ってる3人。
会場の赤いペンライトが、彼等が手を振るたびにその1箇所だけ横にゆれる。
すごいなぁ…KAT-TUNすごい!って思ったら泣いてた。
MCも相変わらずわちゃわちゃして可愛いし、亀梨君エロいし、上田君カッコイイし、中丸君カワイイしもう何がなんだかわからない感じw

充電期間前最後の挨拶。
上田…ほんとーに素直な気持。今まで言ったかもしれないけど、全部を言ってくれた。泣きたいの我慢しながら。

ゆっち…いつも台本でもあるの?ってくらいほぼ同じ話ししてたのに、話がごちゃごちゃしちゃってた。手とかも落ち着きなくて、下向いちゃってて、泣くの我慢していっぱいいっぱいな感じがした。

亀…たくさん話してくれた。情けないとか悔しいとか、亀の気持ちをやっと聞けた気がした。それとともに胸が締め付けられて大量に涙がでた。そしてやっと安心できる言葉がこの人の口から聞けた。
『この船に戻ってくる』
『ついてきてほしい』
そう、上田とゆっちからはなんとなく伝わってきてたけど、亀からは曖昧なことしか伝わってこなくて不安が大きかった。
でも、やっぱり最後に安心をくれる亀梨和也。ホントにこの人はファンを離さない。

亀の挨拶中に泣いちゃってたお兄ちゃん2人が最高に愛しい。
中丸から上田に手を広げて進んで行きハグ。そこに亀がまざってハグ。
成人男性が泣きながら抱き合う姿に、声出して泣いた。
はける方向が逆の中丸を引っぱって同じ方向に連れてく亀。泣きじゃくる中丸を後から支える上田。
そして3人で上に登って位置についたと思ったら、中丸さん両手広げて亀梨君にまたハグを要求。そしてまた3人でハグ。
かわいい。愛しい。この3人を一緒に見れなくなる。って気持ちで涙がとめどなく溢れた。

アンコールで『笑えよー』って言って出てくるKAT-TUN
笑うよ!笑うけど涙とまらねーよ!ばか!ってなるw
ニコニコKAT-TUNとニコニコhyphen。
アンコール前とアンコール後ではなんだか違う会場の雰囲気。
すごく一体感のある会場。
目の前に上田君来たんだけど、すっっっっごい優しい顔で笑うんですよ。脳裏に焼きついたよ!その姿見て私はまた泣くんですよ!素敵な笑顔すぎて泣くんですw
あれ見たら全世界の人が上田君のこと好きになるよ!!!!←

とにかく会場って、こんなにひとつになれるんだって思うくらい一つだった。
ピスフルの声もゆっちが興奮して一生忘れないって言うくらい大きくて一つだった。
KAT-TUN最高!
hyphen最高!
ってなった!!!

久々の『もう一回コール』してKAT-TUNを困らせるhyphen。
これこれこれー!!!KAT-TUN魂と言えばひたすらドMなファンだけど、最後にワガママいうんですよ!
久々のこの感じも凄く嬉しかった♡

終演後は暗い人なんていなかった気がする。
皆がスッキリした顔してたし、笑顔だった。
公演前のモヤモヤした気持ちはKAT-TUNがスッキリさせてくれました。
やっぱり好きだ!KAT-TUN最高だわ!ホント自慢の、グループだ!って思う♡

【5/1KAT-TUN充電期間へ】

そして…充電期間と共にhyphenが懐古房になる♡
仕方ないよ!
充電期間前に3人のKAT-TUN教材が少なすぎる!自然と懐古しなきゃいけないのだ。

とにかく私達にできるのは、声を届けることとKAT-TUNを信じて待つこと。

なーんか言葉がまとまらなーい!
でも書きたかった!



KAT-TUNとの出会いと今までの気持ち…

はてなブログでの初の投稿はKAT-TUNにする事に決めたのは、他担さんの初KAT-TUN魂参戦ブログをたくさん見たから。
あと、東京3Daysを参戦してKAT-TUNロスになっていて、Twitterじゃ想いがおさまらないw
なので、自分の気持ち残します。

出会い

そもそも私がKAT-TUNやジャニーズ全体にハマった理由は高校の環境と今は他で頑張っている松本光平君のおかげです。
中学の時からジャニヲタが近くにいる生活をしてて名前とか顔とか知ってたし、亀梨和也=カッコイイはその時から頭にあった。
高校になって周りが中学の時よりジャニヲタがいる環境になり、いつも一緒に参戦する友達と出会う。その子の家で1日中少クラ見てた。最初は松ちゃんを見るためだったのに、亀梨和也が気になる。松ちゃんが出てなくてもKAT-TUNを見るために見てた。
いつの間にかKAT-TUNの虜♡楽曲も素敵だったしその時から魅力が溢れていたKAT-TUN
私はいつの間にか亀梨和也ファンだった♡

なので、私の青春時代は恋と部活とKAT-TUNになる。
すごく多ステできてたわけではないけど、私の知らないKAT-TUN時代は一通り勉強した。
あの頃のKAT-TUNってすごくトゲトゲしてたけど、魅せる事はその時からうまかったと思う。
今じゃKAT-TUNが横アリでやってた事は奇跡だと思うくらいだし、come hereで横アリ公演見た時、あぁこの人達はこんな小さい会場にいたらダメなんだ。小さい箱に閉じ込めてたらセットもKAT-TUNももったいないと思った。

コンサートはドーム。そしてドームの中でも一番大きい東京ドームが彼等のホーム。
東京ドームでなら彼等の魅力が半減する事も、セットがもったいないと思う事もない。一番魅せる事のできる場所。
KAT-TUN=東京ドーム
すごくカッコイイ。

デビューした時はホントに衝撃的だった。
デビュー前のドームコンサート。
Jr.時代からMステにたくさん出させてもらってドーム公演を生中継してもらう。
話題性抜群のKAT-TUN

でも世間一般の印象は悪かったし、ファンも昔は荒れてたと思う。でもそんなの気にしてなかったなぁww

そっからはドームドームドーム!デビューしたらドーム規模しかやらないのか…ってその当時は思ってたよ!横アリみたいに近くで見れない(・ε・` )って。
当時の私にバカだねーって言ってやりたいねww

そっからは仁が留学して5人になってしまった時期。
戻ってくるまでにアルバムとか出しちゃうKAT-TUNw
この時どーなってんのかよくわからなかったと思うw
アルバム引っさげてのツアーのドームでいきなり参加してきたんだっけな?w
いや、嬉しかったよ?戻ってきてくれて嬉しかったけど、そんなことある?w
仁が歌うパート全然なくて、亀と聖が前で歌ってw
仁はうる覚えのダンスしてwそれはそれで新鮮だった気がするしなにより6人が見れた嬉しさもあった。
けど、それは突如というより徐々に感じることになる。


f:id:hikame123:20160504213057j:image

f:id:hikame123:20160504213252j:image


赤西仁脱退


なんだろ?仁の雰囲気とか?KAT-TUNが少しバラバラに感じた時?があった。そしたらこれ。
当時は周りからも赤西仁が抜けたら誰が歌うの?みたいに心配されてた気がする。
KAT-TUNメンバーもわかってたよね。なんとなく。
シンメの亀。仁亀といえばジャニヲタ内でも有名なシンメだったと思うし、私はこの2人が歌うKinKiの曲が大好きだった。特にボニバタはホントに好きだ。
亀の歌声を引き立ててくれるのも仁の声を引き立てれるのもこの2人にしかできないと思ってた。
そしてこのあたりから亀が謝ることが増えていく。
この時淡々と話してたイメージ。
仁亀って不仲説たくさん出てたから、淡々と話す亀にやっぱり仲悪かったんだって思われて終わってると思うな。でも留学中も連絡を取り合う仲だったってこと皆に知って欲しいよね。仁がいたから今の亀梨和也がある。高めあえる存在が隣にいたから亀は魅せることが上手になったと思う。ありがとう。赤西仁


そこからは5人のKAT-TUNスタート
ここからKAT-TUNが少し変わる。
聖がファンを『ハイフン』って呼び出して、愛情をわかりやすく表現してきた。
他のメンバーはあまり言わないよ?でも聖はメンバーもファンもすごく愛してたよね。
ボケばっかのKAT-TUNをさばくの大変!とか言いながらニコニコしてて、亀のこと支えてくれてた気がする。仁がいなくなってから亀♡亀♡亀♡ってデレてたもんw多分亀はすごーく聖に救われてたと思う。同い年なのに亀のこと可愛がってた♡
ありがとう。田中聖

ただ、仁が抜けた穴はやっぱり痛くて、仁のパートを歌うみんなの歌唱力がたりない。
KAT-TUNって歌上手いんだよ。上手いんだけど、仁が超人すぎた。
でも努力するんだよね。
ボイトレ行ったりしてさ。
仁が抜けてすぐのコンサートはちょっと見てられないくらい違和感があった。
けど、次からはまったくそれを感じさせない出来上がりだった。
一番わかるのがRescueのゆっちかな。
すごーく頑張ったと思う。
5人のKAT-TUNはわちゃわちゃし始めて可愛いかった♡
Going!のように爽やかな曲も出して少し違う所に踏み込んだ気がしたし、5人の時からKAT-TUNとハイフンの絆みたいなのができた気がした。仁の脱退を励まし合うように。この時は脱退をいじるとかする事はなかったけど素敵なKAT-TUNの形だった。


f:id:hikame123:20160504213205j:image

f:id:hikame123:20160504213345j:image


田中聖解雇


はっ?ってなった。あんなにKAT-TUNを愛してる人がなんでKAT-TUNやめるの?って。
度重なるルール違反。副業。
えっ?ルール違反?副業?マッ〇だって副業じゃん!SMA〇だって捕まってる人いるじゃん!!!
事務所に怒りがこみ上げた。
知名度、人気でこんなにも扱いが違うなんてって。
私達にどーこー出来る問題じゃなくて、メンバーも何度も注意したって聞いてなんでみんなからの忠告聞いてくれなかったの(இ௰இ;)って思った。
仁の時泣いたか覚えてないけど、やっぱりなってとこあったし。でも、聖の時は泣いたよ。聖が辞めるなんて想定外だから!愛ある人が辞めるなんて誰も思わないでしょ?
聖が解雇された時も亀が謝る。ドラマの番宣なのにそれにコメントしなきゃいけない亀。目が死んでたんだよね。ずーっと同じ所見て喋るの。胸が締め付けられてたくさん泣いた。でも、亀は絶対泣かない

辞めてからも、Twitterで自分がハイフンだと言った事。迷惑かけたくないと思ってることを伝えてきてる聖。
今でもKAT-TUNをハイフンを愛してくれてる。と思うな。


ここから4人のKAT-TUNスタート
初の京セラ単独カウコン。
パンフレット読んだだけで泣けた。
そっからの衝撃的コンサートの始まり。
謝罪して、前向きなコメントをする4人。
後ろは振り返らない』というKAT-TUNに、素晴らしいパフォーマンスにハイフンは勇気づけられたと思う!
KAT-TUNが前向きならハイフンも前向き!ここの絆が私は好き♡みんなKAT-TUNにならってる♡
1人抜ける事に愛情をたくさん伝えてきてくれるKAT-TUN
ここからメンバーが全体的にファンを『ハイフン』って呼ぶようになる。
4人のKAT-TUNはわちゃわちゃ度がアップする♡
お兄ちゃんズと双子の弟みたいな?
上田とじゅんのが素敵な関係になったのもこの辺かな?
みんなでボケて収集つかない事なんてしょっちゅうだったw可愛いKAT-TUNが誕生ですよ。

この時聖のラップは誰がやるの?って言われること多かったなぁ。
もちろんコンサートでも聖のラップの部分って不自然に音だけが流れる。
でも、心の中で私はJOKERやってるww
なんならハイフンのパートでもいーと思ってるよwwww


f:id:hikame123:20160504213548j:image
f:id:hikame123:20160504213521j:image


田口淳之介脱退


あれー?おかしーな?って思いはじめるw
新しい記憶。
いきなりのベスア発表。
おい!なにそれ?うそうそカワウソーって笑って言ってよ。
ハイフンは絶望したと思う。
じゅんのに関しては、『KAT-TUN大好き!』『アイドルが天職』『自分がKAT-TUNってことが自慢』と言ってきた人だ。
なんで愛あるメンバーが辞めてくのかさっぱりわからない。
もう3回目だけど、一番泣いたし一番引きずった。ましてやすぐ辞めるわけではなく契約終了までKAT-TUNをやると。

そしてまた亀が謝る。震えてるじゃん。上田もゆっちも表情やばいよ。ゆっち踊れてないじゃん。
あのベスア見るとホントにメンバーが辛そうで涙でる。その近くで全力で踊って1人前見てるじゅんのが腹ただしかった。なんで辛い思いを一緒にしてきたメンバーにこんなことできるの?バカなの?って。

悲しくなる→怒りがこみあげる→疑問がでてくる→嫌いになれなくて泣く

の無限ループが4、5ヵ月続いた。
9魂での涙の、理由も納得してしまう結果だった。

テレビで4人のKAT-TUNを見ると忘れてしまうくらい仲良しで、わちゃわちゃしてて夢だったかと思うくらい。
だから、なんで辞めるの?って疑問はハイフンもメンバーも思ってたはず。

辞めるって言ってからのKAT-TUNはタメ旅という素敵な番組とスタッフのおかげでだいぶ救われてたと思う。ホントに感謝しかない。
仁の時にはいじれなかった事もタメ旅のおかげでそれも含めてもKAT-TUNにしてくれた。


f:id:hikame123:20160504213609j:image

そしてタメ旅も少プレもがつーんもじゅんのが辞めると共に奪われてしまう。

いや、もう悲劇すぎるwww
ナミダ→ナゲキ
じゃない。
ナミダ→ヒゲキ
だわww


KAT-TUN充電期間


( ゚∀゚):∵グハッ!!
ハイフンは100のダメージをうけた。
もうだいぶ瀕死だったはずだからね!
瀕死に100はいじめだから!!!
KAT-TUNの、『攻撃力100の防御力0』説(10ks!5/1MCにて)半端ないwwww
なんなら私達も防御力0だわwwww
KAT-TUNまでも奪われてしまった。
笑えねーいや、笑えるー。意味分からーん。ですよ!
充電期間?はて?
淳之介ぇぇぇぇぇぇぇえ!!!!(#゚Д゚)ゴルァ!!
ってなりますよ。でも好きなんですよ。
田口淳之介のこと、すきなんですよ。
つらいんですよ。
メンバーも、田口君のこと好きなんですよ(இ௰இ;)
気持ちが追いつかない!矛盾ってこーゆーことぉぉぉお!!って暴走してたと思うwwww

でもでも柔らかい雰囲気の空気読めない田口淳之介がいたから、4人になっても明るいKAT-TUNが存在したと思ってる。ありがとう。田口淳之介

黙って踊って歌ってたらホントに王子様だから!喋ったら愛しさ溢れちゃうから!笑顔素敵すぎだから!!このこいー子なんです!!←
なので、4人KAT-TUNのラストMステはやばかった。
4人でReal Face歌って、上田のお前まだこっち!って言わんばかりのじゅんのとの肩組み。
3人が別々の道を通ると新しいKAT-TUNが君のユメ、ぼくのユメを歌う。
もしも神様がいて過去を変えられるとして、なにも変えませんよって、言える日々にしたいんだ
これ泣かない人いるの?ってくらいの歌詞じゃない?
しかも後半の上田の歌声と歌い方は胸がギューーーってなる。
そっからの上田くんの涙は色んな人の心に残った気がする。


ホントに書きたかったこと違う!!!!www←今更
次こそは10ks!での想いを書く!!wwww

私個人の意見なので、不快に思わせてしまったらごめんなさい。